がん免疫細胞治療とは?

自らの免疫細胞をベースにした治療法

当院で取り組むがん免疫細胞治療には2つの治療法があります。1つめは体内から採血によって取り出した免疫細胞を体外で“がん細胞を抑制する免疫細胞”に増殖・活性化させて再び体内へ戻し、免疫力のバランスの調整・正常化をおこなうリンパ球治療。
2つめはがん細胞を直接攻撃する免疫細胞にがんの目印を伝え、攻撃の指示を与える樹状細胞に体外でがんの目印を教育して、体内へ戻す樹状細胞ペプチドワクチン治療です。
共に体への負担が少なく、他のがん治療と併用出来るなど、非常に優れたがん治療です。

当院のがん免疫細胞治療の期待し得る効果と特徴
  1. 01:手術や抗がん剤、放射線と併用が可能
  2. 02:重篤な副作用の心配がない
  3. 03:入院不要 通院で治療可能
  4. 04:安心・安全な細胞品質管理保証体制
  5. 05:一人ひとりにあわせた治療
  6. 06:高度な医療設備を完備 メディカルチェックも可能

安全性の保証と高度な管理技術で免疫細胞培養を行います

グランソール奈良は、厚生労働省の基準に準じた管理体制と、クリーンな培養施設を院内に完備し、安全かつ高品質な免疫細胞培養技術を有します。
また、異物混入防止や細胞解析などの高い品質管理と高度なシステム管理のもと、日々の培養に取り組んでいます。

グランソール奈良は高度な医療設備で、がん治療後のメディカルチェックも行えます。

  • MDCT
  • MRI
  • RI(核医学検査)
  • 最端の医療機器と豊富な検査コースをご用意しております。

リゾートホテル並みのアメニティーあふれる各施設

リゾートホテルを思わせるような施設では、ゆったりとくつろげるお部屋や大浴場もあり、家族旅行や親睦旅行を兼ねて人間ドックを受診できます。優雅にリラックスできる空間をご用意してお待ちしております。

当院における「がん免疫細胞治療」の治療実績・症例

厚生労働省の医療広告ガイドラインの基準変更に伴い、治療実績を掲載しておりません。
治療実績・症例につきましては、資料請求または当院までお問い合わせください。

厚生労働省「医療法における病院等の広告規制について」

よくあるご質問

どのようながんでも治療できますか?また、治療のできないがんはありますか?
ほぼすべてのがんに対して適応可能ですが、血液疾患(白血病・悪性リンパ腫等)の一部に適応できない症例がございます。詳しくはお問い合わせください。
全身の転移等、症状の重篤な場合でも効果は期待できますか?
当院で行っている免疫細胞治療は、がん細胞を攻撃することのみならず、免疫力を高めることをも目的とした治療法です。これまで、転移があり末期がんと告げられた方にも治療を行っていますが、生存率・生存期間などの面のみならず、生活の質(QOL)の維持の面においても良い結果がもたらされている例もございます。ぜひ一度当院へご相談ください。
他の治療との「併用」について教えてください。
身体的・精神的苦痛を避けて、生活の質(QOL)を維持しながら治療を行いたいというご希望がおありの場合は、勿論、単独での治療も可能です。一方、抗がん剤・手術あるいは放射線などの治療を併用することにより、高い効果が期待できる場合もございます。
数年前にがん治療を行っていますが、免疫療法は再発予防になりますか?
効果は期待できますが100%とは断言できません。さまざまなタイプのがんで、再発率の低下につきましては期待し得るものと考えています。がんを治す効果というより、患者さんご自身の身体の免疫力を高めることでがんの再発・予防に役立つことも考えられます。
他の施設の免疫細胞治療との違いは何でしょうか?
樹状細胞(DC)療法およびワクチン療法とは原理が異なります。グランソール奈良ではがんを攻撃する高い能力を持つγδNKT細胞群と免疫力を高める効果の期待できる細胞群の増殖・活性化を併せて行い、治療に用いています。
副作用はありますか?
ごく稀に治療後の発熱を認めることがございますが、本質的な副作用はございません。
この治療を受けるには入院が必要でしょうか?
この治療は外来で十分治療可能ですので入院は不要です。
よって、治療による生活の質(QOL)の低下はほとんどありません。
治療費はどのくらい掛かりますか?
相談・初診料 10,000円
免疫細胞治療費1クール(6回)1,560,000円~
感染症・貧血検査等 10,000円(内容により異なる)
その他検査は各患者様に応じて必要であれば実施致します。
(全て税抜価格)
公的保険診療の対象になりますか?
自由診療となり、公的保険診療の対象外となります。
民間のがん保険の適応に関しては各保険会社様へお問い合わせ下さい。
グランソール奈良が遠いのですが。
お近くの協定医療機関にて治療可能な場合も御座いますので、ご相談下さい。

治療の流れ

  1. 【STEP01:資料請求・相談予約】まずはお電話にてご来院日をご予約ください。
  2. 【STEP02:診察・相談】当院へ来院された患者さまご本人もしくはご家族さまにグランソール奈良のがん免疫細胞治療について詳しく説明させていただきます。
  3. 【STEP03:採血・検査】血液の採取と必要に応じた検査を実施します。
  4. 【STEP04:細胞の活性化・培養 加工調整】
  5. 【STEP05:点滴投与・注射】細胞を点滴・注射により体にもどします。

※1 細胞加工調整とは、免疫細胞治療で実施される、採血、細胞の分離、細胞の培養、治療用細胞の調整、投与という一連の工程の中で、細胞の分離、細胞の培養、治療用細胞の調整プロセスのこと。また、治療用細胞のプロセッシングはCPCと呼ばれる医薬品製造と同等基準の清潔な環境で、厳密に定められた手順で実施されます。

料金表

治療法名(治療法は医師との相談で決定されます) 費用(実施回数は医師との相談で決定されます)
相談・初診料 10,000円(税別)
T細胞治療+γδNKT細胞治療 1回 320,000円(税別) × 実施回数
樹状細胞ペプチドワクチン治療 1回 260,000円(税別) × 実施回数

免疫療法を含め、当院の診療は健康保険の適用外となり、全額自己負担となります。

院長のご挨拶

院長 辻村貴弘

グランソール奈良の免疫細胞療法

がんは免疫機構によって監視されていますが、いったんその監視を逃れると腫瘍を形成し、大きくなるに従ってさまざまな免疫を抑制する物質を産生放出し、ますます免疫力を弱めていきます。そして、がんを監視していた免疫細胞も十分な能力を発揮できなくなります。そのような観点から、がん細胞に対する免疫反応を少しでも増強させようと、細胞学的な手法が取り入れられるようになりました。
がん細胞を攻撃する中心的な役割を担うリンパ球をいったん体の外に取り出して強制的に活性化および培養して攻撃できる態勢に仕向けて体に戻す、それが免疫細胞治療の目的です。リンパ球にがん細胞を攻撃できる能力を持たせることと同時に免疫力を高めることのできる細胞の活性化も行えます。グランソールではこの方法に加えて更にもう一つのがんを攻撃する高い能力を持つγδNKT細胞と言われるほんの僅かしかない細胞を体外で同時に増やして活性化させ、治療に使用する方法も採用しています。このγδNKT細胞はがん細胞にある些細な目印でも見定めることのできる攻撃力の強い細胞です。
グランソールではこれらの免疫細胞を併用した治療法を採用しています。
この治療法を用いて、一人でも多くのがんでお困りの患者様に少しでも貢献できれば幸いです。

経歴

2000年3月 奈良県立医科大学大学院卒業(薬理学専攻)
2001年4月 グランソール奈良開設 開設者・院長として就任
2005年3月 医療法人拓誠会 理事長に就任
2010年3月 京都府立医科大学大学院卒業(免疫・微生物学専攻)


当施設の免疫細胞治療はグランソール免疫研究所の細胞培養技術を導入して実施されています。 免疫研究所

資料請求・予約フォーム


予約/第1希望必須  年  月  日
予約/第2希望必須  年  月  日
予約/第3希望必須  年  月  日
姓 名 
セイ メイ 
 歳 /
例) 09012345678
郵便番号:
都道府県:
市区町村:
番地以降:

携帯電話等でメール受信制限をしている場合は
「@grandsoul.co.jp」からのメールを受信できるように、設定をお願いいたします。

ご入力いただいた個人情報の取扱いに関して、当社の個人情報保護方針をご確認ください。
ご提供いただきました情報は弊社からの情報提供及び営業活動のみを利用目的とさせていただきます。

TOPへ
戻る

© GRANDSOUL. All Rights Reserved.