グランソール奈良-免疫細胞治療(副作用のほとんどないがん治療法)
文字サイズ大きく普通
head ご利用に関して 求人情報 関連リンク サイトマップ ホーム
人間ドックがん免疫細胞治療グランソール奈良の特徴施設案内生涯医療保障その他のご案内お問合せ・ご予約
免疫細胞治療

Q&A

よく寄せられるご質問

Q. どのようながんでも治療できますか? また、治療のできないがんはありますか?
A. ほぼすべてのがんに対して適応可能ですが、血液疾患(白血病・悪性リンパ腫等)の一部に適応できない症例がございます。詳しくはお問い合わせください。
Q. 全身の転移等、症状の重篤な場合でも効果は期待できますか?
A. 当院で行っている免疫細胞治療は、がん細胞を攻撃することのみならず、免疫力を高めることをも目的とした治療法です。これまで、転移があり末期がんと告げられた方にも治療を行っていますが、生存率・生存期間などの面のみならず、生活の質(QOL)の維持の面においても良い結果がもたらされている例もございます。ぜひ一度当院へこ相談ください。
Q. 他の治療との「併用」について教えてください。
A. 身体的・精神的苦痛を避けて、生活の質(QOL)を維持しながら治療を行いたいというご希望がおありの場合は、勿論、単独での治療も可能です。一方、抗がん剤・手術あるいは放射線などの治療を併用することにより、高い効果が期待できる場合もございます。
Q. 数年前にがん治療を行っていますが、免疫療法は再発予防になりますか?
A. 効果は期待できますが100%とは断言できません。さまざまなタイブのがんで、再発率の低下につきましては期待し得るものと考えています。がんを治す効果というより、患者さんこ白身の身体の免疫力を高めるごとでがんの再発・予防に役立つことも考えられます。
Q. 他の施設の免疫細胞治療との違いは何でしょうか?
A. 樹状細胞(DC)療法およびワクチン療法とは原理が異なります。グランソール奈良ではがんを攻撃する高い能力を持つyδNKT細胞群と免疫力を高める効果の期待できる細胞群の増殖・活性化を併せて行い、治療に用いています。
 ↑このページのトップへ
Q. 副作用はありますか?
A. ごく稀に治療後の発熱を認めることがこざいますが、本質的な副作用はございません。
Q. 免疫細胞治療の効果について教えてください。
A. できるだげ早い段階で標準治療と組み合わぜて取り組むことでより良い効果を期待できると考えられていまず。とりわけがんによってもたらされる生活の質(QOL)の低下については改善が期待し得ると考えられます。
Q. 免疫療法で1回に採る血液量はどれくらいですか?
A. 1回分の細胞投与の準備に必要な血液の量は約25ccです。献血の量が、200ccもしくは400ccですから、その約8~16分の1の量となります。なお初診時にご本人様とご相談の上、状態に応じて1クール(6回)分、約150ccを採血させていただくごともございます。細胞培養とは別に、血液検査用として約10ccの採血も行います。
Q. 培養した細胞の投与はどのように受けるのでしょうか?
A. 培養活性化したリンパ球をアルブミン加生理食塩水100ccに:浮遊させ、静脈がら点滴で投与します。
 ↑このページのトップへ
Q. 採血がら最初の免疫細胞を身体に戻すまでの期間はどれくらいかかりますか?
A. 第1回目の投与までには14日間をいただき、その後第2回目からは2週間間隔で点滴投与ざれまず。
Q. 治療予定日の変更は可能でしょうか?
A. 培養活性化した細胞はできるだけ新鮮な良い状態で投与できるよう計画を立てています。こ予約日にお越しいただくのがベストです。どうしてもこ来院いただけない場合は、こ相談ください。期間短縮はお勧め出来ません。延期の事情が生じた場合はできるだけお早めにご連絡ください。
Q. この治療を受けるには入院が必要でしょうか?
A. この治療は外来で十分治療可能ですので入院は不要です。よって、治療による生活の質(QOL)の低下はほとんどありません。
 ↑このページのトップへ
大阪・京都・三重・和歌山・関西からのアクセスはこちら
 〒633-2221 奈良県宇陀市菟田野松井8-1  TEL 0745-84-9333