免疫細胞治療(免疫細胞療法)は副作用のほとんどない先進的ながん治療法です。
文字サイズ大きく普通
head ご利用に関して 求人情報 関連リンク サイトマップ ホーム
人間ドックがん免疫細胞治療グランソール奈良の特徴施設案内生涯医療保障その他のご案内お問合せ・ご予約
免疫細胞治療

免疫細胞治療とは

がん治療の現状と限界

 現在、がんに対しては外科治療(手術)、化学療法(抗がん剤治療)、放射線療法が三大治療法として行なわれています。もちろん、これでがんのすべてを治せるというわけでなく、進行したがんの多くはこれらの治療に抵抗性です。一つ一つの治療法の特徴を生かしてこれらの治療法を選択し、組み合わせていくことが必要になります。

免疫細胞治療とは

 これらの治療法の限界を補填する治療法として現在、免疫細胞治療が注目されています。

 免疫細胞治療とは、身体の免疫を担う本人の細胞を体外で大量に数を増やしたり、機能を増強あるいは付加した上で体内に戻して行なわれる治療で、副作用のほとんどない先進的ながん治療法です。

 健康食品による免疫療法、精神的サポートによる免疫療法(イメージ療法)、あるいは各種サイトカイン等を用いた免疫療法とは異なる治療法です。
がん細胞と免疫担当細胞
 私たちの体の中では常にがん細胞が発生していると考えられています。しかし身体には発生したがん細胞を押さえ込もうとする力が自然に備わっています。がん細胞を押さえ込み、実際のがんという病気にまで進展するのを防いでいるのが身体の抵抗力であり、その抵抗力の中心になっているのが免疫の力です。

 身体に侵入してきた異物に対する防御を行なっているのはリンパ球や貧食能を有する多型核白血球、またマクロファージなどの細胞であり、体の中に生じた異常な細胞(ウイルスに感染した細胞やがん細胞)を排除しようとする役割を分担しているのがT細胞やNK細胞と言われるリンパ球です。

[写真]
培養によって得られた活性化リンパ球の顕微鏡写真です。すべての細胞の細胞質に顆粒が見られ、この顆粒の中には標的細胞を破壊するパーフォリンやグランザイムと呼ばれる物質が含まれています。
⇒動画「活性化リンパ球による標的細胞の破壊」-Ⅰ
⇒動画「活性化リンパ球による標的細胞の破壊」-Ⅱ
免疫細胞治療「活性化自己リンパ球療法」の3つの利点
  1. 体内で活性化を十分に行なおうとして大量の薬剤を使えば薬剤による副作用があります。しかし、体の外で培養しながら活性化を行なうことにより、副作用を考えず十分に活性化できます。
  2. がん細胞には免疫系細胞の活性化を抑える力があります。そこで、がん細胞の影響を受けない体外に取り出すことにより免疫細胞を十分に活性化できます。
  3. 培養中の刺激の方法によって、望ましい種類のリンパ球を莫大な数まで増殖させて使用できます。
 

がん免疫細胞治療に用いる細胞の調整

  がん免疫細胞治療に用いる細胞の調整方法(細胞の採取、培養、投与)については
次のとおりです。
【細胞の採取】
1回あたり約24 mlの血液から、比重遠心法によって細胞を分離します。この量の血液から約2,000万個の細胞が採取できます。この細胞を培養増幅します。

【培養方法】
一般的には、採取した細胞をCST法とNK/NKT法の2種類の培養方法で約12日間培養増幅します。
CST法は、CD3 Stimulated T cellsの略称で、抗CD3抗体、IL-2などを用いて主にT細胞を培養増幅します。培養した細胞から分泌されるサイトカイン( IL-2、IL-12、IFN-γなど )には免疫力増強効果が期待されます。
NK/NKT法は、NK cells and NKT cellsの略称で、人工リン酸抗原やIL-2などを用いて主にNK細胞やNKT細胞を培養増幅します。培養した細胞はサイトカイン(IL-2、IL-12、IFN-γ、TNF-βなど)を分泌するとともに、様々な種類のがん細胞を直接殺傷することによる抗がん効果が期待されます。( ⇒研究内容紹介:NKT細胞

【リンパ球の投与】
2種類の方法で培養した細胞は点滴用に加工調整され、静脈から投与されます。通常2週間ごとに投与され、6回を1クールとしています。患者さんの症状によっては毎週1回投与を行う場合もあります。その他、がんの再発予防を目的として本治療が行われる場合もあります。
免疫細胞を用いたがん治療
免疫細胞を用いたがん治療
 

免疫研究所の設備(一部紹介)

細胞凍結保管システム
目的に応じて細胞の凍結保存ができます。-196℃の液体窒素に保存することにより半永久的細胞保存ができます。10年あるいは20年後に自分の細胞を解凍して治療用に加工することが可能です。
治療用細胞加工室
P3レベルのクリーンな部屋で完全無菌プロセスにより細胞の加工が行われます。
(2005.10掲載、2006.11更新)

資料請求

共同治療を実施する、協定医療機関が各地にございます。
治療をご自宅の近くで受診されたい場合も遠慮なくご相談ください。
(初診相談はグランソール奈良までお越し下さい)。
大阪・京都・三重・和歌山・関西からのアクセスはこちら
 〒633-2221 奈良県宇陀市菟田野松井8-1  TEL 0745-84-9333