肥満予防健康管理士
文字サイズ大きく普通
head ご利用に関して 求人情報 関連リンク サイトマップ
home人間ドック免疫細胞治療検診システム施設案内生涯医療保障その他のご案内お問合せ・ご予約
グランソール奈良

肥満予防健康管理士講習会(ダイエットアドバイザー)

グランソール奈良では、『肥満予防健康管理士』資格取得のための講習会(5月開講)を下記のとおり開講いたします。
肥満と健康に関する知識を身につけ、社会に貢献できる人材を育成していきます。

肥満予防健康管理士とは

肥満予防健康管理士は、肥満と生活習慣病との関係や、食事・運動・意識療法などの正しい知識と指導力を持つ、現代社会に必要な健康のスペシャリストです。

【経緯】
現在、日本では肥満が原因でおこる生活習慣病が増加しています。これは飽食による食生活の偏りや便利さの代償による運動不足といった社会背景も関係しており、不適切な生活習慣を改善することが必要となってきました。
そうした中、厚生労働省でもメタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)予防に力を入れており、2008年には生活習慣病の原因とされる内臓脂肪による肥満の健診・指導を国民に義務づける等、正しい知識を持つ指導者が必要となってきました。
そこで厚生労働省認可の公益法人である社団法人企業福祉・共済総合研究所が保健指導分野の資格である肥満予防健康管理士の資格制度をつくり2007年から認定することになりました。(主催 日本肥満予防健康協会)

【資格制度の概要】
資格の分類 一般社団法人 日本肥満予防健康協会の認定
資格認定基準 テストは正解選択方式及び課題レポート提出により適正と認められたものを合格者とし『肥満予防健康管理士』資格の認定をする。
講習会(研修) 5日~6日間(30時間)の研修を実施。
受験料 受験料 (講習会費用に含む。)
以下は合格者のみ。
・合格時資格認定料 ¥5,000
・日本肥満予防健康協会 年会費¥5,000(継続的教育を行い倫理規制を周知徹底するため。)

資格取得後は検診医療機関・国民健康保険組合・地方自治体・スポーツセンターなど多くの場で活躍が期待できます。国民の健康を守り社会に貢献できる資格です。

学校法人、専門学校の皆様へ ~資格認定制度普及のお願い~

生活習慣病の増加にともない医療費が圧迫されている現在、厚生労働省でもメタボリックシンドローム予防に力を入れており、2008年には内臓脂肪による肥満の健診・指導を国民に義務づける等、指導者の必要性が注目されています。
また将来的には全国の栄養士・調理師・介護士などの資格取得校に「肥満予防健康コース」の新設を推進し、指導者の派遣や育成にも力をそそいでいきます。
趣旨をご理解の上、後援団体(会費無料)に参加していただき、当資格制度の普及に協力していただきますようお願いいたします。
2006.10現在
大阪・京都・三重・和歌山・関西からのアクセスはこちら
 〒633-2221 奈良県宇陀市菟田野松井8-1  TEL 0745-84-9333